事業で必要になったので不動産担保ローンを使いました

担保の価値に合わせて融資が受けられる

不動産担保ローン : 比較ランキング決定版

不動産を担保に事業資金を作る担保の価値に合わせて融資が受けられる不動産担保ローンのおかげで経営危機を乗り越えられた不動産担保ローンで無理なくまとまった資金調達をした

不動産担保ローンを使う手続きは、以前も一度行った時があります。
今回も基本的には同じ形でしたが、借りる金額が大きめだったので多少複雑でした。
ローンを使うためにはまず土地の情報を詳しく調べ、どの程度の価値があるか確認しました。
それから金融機関は土地の価値に合わせて、貸せる金額を提示してくれました。
金額は納得できるものだったので、これなら事業で必要になる資金を用意できると安心しました。
ローンの手続きはそれなりに時間がかかって、条件などについても詳しく調べました。
借りる金額が大きかったため金利負担も心配で、どの程度になるか計算しておきました。
返済計画についても担当者と相談しつつ、どのようになるか調べて確認しました。
調べた結果返済ができそうなローンだったため、担当者に相談して資金を借りる事に決めました。
申請手続きはそれほど難しいものではなく、担当者が代わりにしてくれたので負担は小さかったです。
ある程度は自分で書類を書かなければいけませんでしたが、難しい内容ではなくすぐにできました。
書類などを用意したので申請をしましたが、結果が出るまでにはある程度かかるといわれました。
あまり遅くなると事業に影響が出るので心配でしたが、何とかなるだろうと考えていました。
審査の結果はかなり早く出て、一週間ほどで返事が来ました。
どのような内容か最初は心配でしたが、確認してみると好条件で資金を借りられると書いてありました。
担当者の話していた内容よりも条件が良く、これで安心して事業を続けられるとホッとしました。
審査に通った後は口座などの手続きを行い、社員の給料などの支払いをして問題に対応しました。

事業者ローンを借りる際の基礎知識!不動産担保の思わぬ落とし穴とメリットついて#資金調達 #融資 #資金繰り #借入 #ローン #即日 #事業者ローン #返済 #クレジット https://t.co/Hc2VQdizKZ

— 資金調達ガイド (@shikinguide) 2018年3月20日