事業で必要になったので不動産担保ローンを使いました

不動産を担保に事業資金を作る

不動産を担保に事業資金を作る担保の価値に合わせて融資が受けられる不動産担保ローンのおかげで経営危機を乗り越えられた不動産担保ローンで無理なくまとまった資金調達をした

食品を作る工場を以前から経営していたのですが、物価が上昇して売上が悪くなりました。
利益が少なくなってしまい従業員に支払う賃金の用意も難しく、どうすれば良いか悩んでいました。
それで金融機関を利用するべきだと考えて、何度か利用した銀行まで行ってみました。
担当者はいつもの方で時間をかけて話し合いましたが、良い結果を得られず上手く行きませんでした。
ただ相談をした時に担保があれば、融資を受けられると聞きました。
工場の土地はすでに担保として使っているため、他に使えるものがあるか分かりませんでした。
家に帰ってから家族とも相談してみたのですが、どのようにすれば良いか分からず困りました。
それから自宅にある資料などを調べてみると、以前祖父の資産相続をした時の資料を見つけました。
詳しく見てみると土地をその時にもらっていて、それなりに大きなもので価値がありそうでした。
遺産の土地があるのは理解できたのですが長い間放置していたので、どの程度価値があるか分かりませんでした。
それで銀行まで行って担当者に相談すると、詳しく調べてくれると約束してくれました。
土地の査定はある程度時間がかかるらしく、一月程度はいると説明を受けました。
条件の良い物件ならば不動産担保ローンに使えると聞いたので、上手く行く事を期待していました。
金融機関の査定は多少時間がかかって、すぐには終わりませんでした。
連絡が来たのは依頼をしてから一月後で、銀行から電話で連絡が来ました。
それから土地に関する書類などを用意して、実際に銀行まで行って担当者と相談しました。
査定の結果はそれなりに良くて、好条件の物件だと評価してくれました。
担保としても問題なく使えるらしく、これで事業資金の問題が解決しそうでした。